防火水槽の設置基準

消防法に基づく防火水槽の設置基準、二次製品耐震性貯水槽、FRP防火水槽、標識の規定の解説をしております。防火水槽の設置基準は消防庁が定める消防法に基づき、消防庁長官が指定する「財団法人日本消防設備安全センター」の規定から基準が設定されます。

宅地開発・開発事業を行うケース

 宅地開発などの開発事業を行う際には、その開発の規模に応じて
●防火水槽の設置
 が義務付けられております。
 この宅地開発に関する防火水槽の設置基準については、基本的に
●5000平米以上か未満か?
 という点が防火水槽の設置に関する判断基準の分岐点となってくる点が大きなポイントと言えます。

消防法に基づく宅地開発に関する防火水槽の設置基準概要

 消防法では防火水槽の設置に関して、以下のように基準を定めております。
 【宅地開発に関する防火水槽の設置基準〜消防法〜】
 面積5000平米以上の宅地開発を行う場合は、半径100M以内毎に1基以上、開発地を包含するよう設置すること。
 ただし、開発面積が5000平米未満の場合にあっても当該開発地内に
●不特定多数の者が出入りする建築物
 を建築する場合又は
●付近の消防水利状況等
 により、消防長又は消防署長が必要と認める場合は、5000平米以上の宅地開発を準用し設置すること。

◆防火水槽の設置基準の宅地開発概要

◆標識・設置届概要

◆構造の規定

◆製品価格・保険